節約も贅沢も楽しむ日常 by南米好き

株主優待で楽しく節約し、株主優待だからこその贅沢も楽しむ、海外旅行好きの主婦日記

優待初利用ランチ~使うのに苦労した(><)

こんにちは。

昨日プレナスの株主優待券を利用して、
初めてやよい軒でランチしてきました。

プレナスの優待は、500円券が6枚です。
[

持ち帰り弁当のhotto mottoで使うつもりで3月に権利を初取得しましたが、意外にも近所に店舗がなく、昨日出先でやよい軒を見つけたので入ってみました。


メニューを見ると定食がいろいろ・・・。大戸屋に近い印象を受けました。



入店してすぐ券売機が目に入りましたが、株主優待券なのでとりあえず席に座ってみます。

高校生くらいのバイトの女の子がお水を持ってきてくれ、「あちらの券売機で食券を買ってください」と言うので

「株主優待券利用なのですがどうしたら良いですか」と聞くと、

「領収書の出し方ですか?」とちんぷんかんぷんな事言うので、

「領収書じゃなくて、株主優待券利用です」と言うと、少々お待ちくださいと下がります。


しばらくすると戻って来て、「じゃあ券下さい」って言われます。

注文もまだなのにじゃあ券下さいってー。この一言で嫌な予感プンプン。

(”ご注文時にこちらでお預かりします”とかじゃないのね)


優待券を渡すにあたり、多分出ないと思うけどお釣りが出るかどうかを確認すると即答で「出ます」と言われます。


なので500円の優待券を2枚渡し、税込880円のなす味噌と焼き魚の定食を注文しました。


食券の半券とともに定食到着。
なす味噌もサバもとっても美味しかったです♪
サバの焼き加減が良かった~



そういえばお釣りが来ないなー、忘れて帰らないようにしないとと思っていたら先ほどのバイトの子が来て、
「お釣りはやっぱり出ません」って。


なんですかこれは。ただの報告ですか?



優待券は私のお金と同じなわけですよ。お釣りもらえないわけですか?



「お釣りが出ると言われて優待券2枚渡したので、出ないなら380円現金で払います。優待券1枚返してください」と言います。



しばらくして、
さっき渡した優待券2枚と500円玉2枚持って来て、何も言わず差し出されます。


わっ?? (what's??) って感じです。



完全におばちゃんは小学生に算数教えるモードになっちゃって、

「優待券500円使うでしょ?あと380円をここ(財布指差して)から払うからね、もう1枚の優待券は返してもらうね。だから500円玉2枚は必要ないのよ。返すね。」って感じで…(*´-`)


分かったのか分かってないのか分からないけど「はい」しか言わず去って行きました。



そして1枚戻って来た優待券をしまおうと思ったら、なんと、、、


優待券に日付が記入され、ハサミで真っ二つに切られたものがセロテープで止まってましたーーーー!
これは当然もう利用出来ない物です。



それ返してくるのーーー?!



っていうかさっき、この券はもう使えないからお金をお返ししますって意味で500円玉2枚持って来たの?(本当は1枚でいいんだけど)


何故何も喋らず説明せず??


私が、優待券を1枚返してもらって380円払うねってやり取りしてる時に、”この優待券は使えないので返せません”って言わないの?


使用不可優待券と500円玉持たせても説明出来ない事予測して、分かる人が来れば済むのにな。


再度ピンポン押してまたバイトの子が来て、
「この券はもう使えないんですよね?なら返してもらっても困るのでこの券使います」と言います。



しばらくして女子大生風の女の子が来て、
「すみません(←初めてのすみません)、こちらの優待券はもう使えないのでこちらどうぞ」って、

今度は千円札持って来たよーーー!

おかしーよ、どうして千円札になっちゃうのー笑



優待券でご飯食べて、更に千円配ってたらお店潰れちゃいますー

なんだか、一つ一つのやり取りに疲れて、ご飯の味もすっかり忘れて帰って来ました(^^;)

そんな初やよい軒でしたw



教訓=初めて使う優待は、利用条件を読んでおこう